広島市南区段原日出の皮膚科、アレルギー科なら、しんどう皮ふ科アレルギー科

TEL.082-510-1322

〒732-0818
広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原SQUARE4階

MENU
  • HOME
  • カンジダ性指間びらん症

カンジダ性指間びらん症

カンジダ性指間びらん症について

手指の間に発赤、びらんが生ずる疾患です。
真菌の一種であるカンジダの感染で起こります。

原因

真菌であるCandida albicansにより起こります。
多くは水仕事の多い女性の手指に生じます。

症状

指の間に限局して紅斑が起こります(図1)。
紅斑の周囲に鱗屑、落屑を伴うこともあります。
また周囲が白く浸軟することもあります。
自覚症状はない場合や、かゆみがある場合などさまざまです。
第3指間(3指と4指の間)によくおこります。
手湿疹に合併することもあります。

(図1)

診断

病変の皮膚を擦過し、顕微鏡下に観察してCandida albicansを証明します(図2)。

(図2)

治療

抗真菌剤を外用します。

日常生活の注意

水仕事の後は指間も洗浄し、十分に乾燥させます。
治療中は抗真菌剤を頻回に外用することも重要です。