広島市南区段原日出の皮膚科、アレルギー科なら、しんどう皮ふ科アレルギー科

TEL.082-510-1322

〒732-0818
広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原SQUARE4階

MENU
  • HOME
  • 金属アレルギー

金属アレルギー

金属アレルギー

装飾品や日用品などに含まれる金属がアレルゲンとして作用し、金属アレルギーを起こすことがあります。
金属全般で症状が起こるわけではなく、含まれる特定の金属(ニッケルやコバルト等)が原因となります。
金属アレルギーが疑われる場合にはパッチテストなどの検査で原因金属を同定することが必要です。
金属との接触経路、出現する症状により、いくつかの病態に分類できます。

○アレルギー接触皮膚炎

装飾品や日用品などに含まれた金属に直接接し、接触皮膚炎(かぶれ)を起こします。
ピアス、ネックレスなどのアクセサリー、腕時計、ベルトのバックル等が直接触れる部位にかゆみが生じます(図1)。
発汗時により症状が悪化する傾向があります。
塗料やインクに含まれる金属が原因となることもあります。

(図1)ピアスによる接触皮膚炎

○体内に存在する金属により生じる場合

歯科金属や骨接合用金属など体内に存在する金属が原因となり、掌蹠膿疱症(図2)や扁平苔癬などの疾患が起こる場合もあります。

(図2)掌蹠膿疱症
手掌や足底に膿疱や紅斑があります

○全身型接触皮膚炎

金属アレルギーの患者さんが、微量金属を含む食物を摂取し、全身皮膚に病変を生じることがあります。
皮膚以外の経路(粘膜、腸管など)からアレルギーの原因が吸収され皮膚炎を起こす場合を全身型接触皮膚炎といいます(歯科金属や骨接合用金属による皮膚炎を含むこともあります)。
摂取された金属の多くは尿や糞便中に排出されますが、粘膜や腸管を経て吸収され、わずかながら汗などに排出されます。
金属アレルギーの患者さんでは、全身型金属アレルギーとして、汗疱状湿疹(図3)や貨幣状湿疹、痒疹などが発症、増悪することがあります。

(図3)汗疱状湿疹

検査

金属パッチテストを行います。
15から20種類程度の金属成分をそれぞれテスターのろ紙に付着させ、皮膚に貼付します(図4)。
48時間、72時間後に判定します。
1週間後の反応を確認することもあります。
貼付した当日とその翌日は貼付部位を濡らすことができません。
抗アレルギー剤を内服している場合には、検査3日前より内服を中止します。

(図4)パッチテスト
左は貼付時の写真です。右の赤い部位が陽性です(写真は金属以外でのパッチテストです)

金属アレルギーを起こしやすい金属

金属アレルギーを起こしやすい原因として、ニッケル、コバルト、クロムが挙げられます。

○ニッケル

ピアス、イヤリング、ネックレス、指輪などのアクセサリー、衣類の留め金、ベルトのバックル等に多く含まれています(図5)。
これらが接する部位に皮膚炎を生じます。
汗をかくとニッケルイオンが溶出されやすくなるため、発汗によって症状が悪化する傾向があります。

(図5)ニッケルによる接触皮膚炎
(本写真はA Clinical Atlas of 101 Common Skin Diseasesより)

○コバルト

ニッケルと同様に金属製のアクセサリーに多く含まれます。
またニッケルやコバルトはチョコレート、ココア、豆類、香辛料等に多く含まれるため、金属による全身型接触皮膚炎を起こす場合には摂取制限が必要です。

○クロム

眼鏡などに装飾用のクロムメッキが施されている場合があります。
皮なめしにクロムが使用されることもあり、皮革製品との接触で皮膚炎が起こる場合もあります。

治療

パッチテストで診断が確定すれば、日常生活で接触を避けるようにします。
全身型接触皮膚炎では歯科金属や食物の摂取にも注意します。
消化管からの金属アレルゲンの吸収阻害目的でクロモグリク酸ナトリウム(インタール)を内服することもあります。

金属アレルギーを疑う場合には、まず正しい診断をうけることが重要です。